ホーム>センター概要

メインイメージ

ごあいさつ             児童発達支援センター にじいろキッズらいふ 所長 藤村 和広

 平成25年7月1日、この日は私たちにとって新たなスタートの日となります。長野市愛の樹園は、保護者の思いで開設した施設です。三輪学園は教育の思いから、いわゆる支援者の思いから開設した施設です。この二つの歴史のある施設が統合し新たなスタートを切ることに何か大きな意味を感じています。
 若里に「児童発達支援センター にじいろキッズらいふ」を開設するにあたり、様々な方から応援、ご意見を頂いてまいりました。保護者の皆様からは事業に対する切なる思いが寄せられました。子どもたちが良い人生を送ってほしいという願いが強烈に胸に突き刺さります。スタートする事業の内容、それを実践する私たちの力量、そして子どもたちを支える社会、それぞれがまだその願いを実現するに至るには足らないように感じています。
 このセンターという建物が出来たからといって変わるものはありません。問題は、これを機に何をしていくかにあると思っています。まずは今できることを精いっぱい実践させて頂きます。そして、このセンターの扉を閉めることなく多くの方に利用していただき、みなさんの意見を、思いを、聞き感じて勉強をさせていただきながら、力を借りながらステップアップしていきたいと思います。
 「児童発達支援センター にじいろキッズらいふ」の名前は、様々な子どもたちが様々な人生を送る懸け橋になれればとの思いがあります。自己実現のできる人生を送れるよう支援していくことが私たちの使命です。子どもたちが生きる家庭、学校、医療、保健、福祉、そして地域と連携させていただき、力を頂きながら支援のできる場所になるよう努力していきたいと思います。
 保護者様、障害児支援に携わる皆様、そして地域の皆様、子どもたちの未来のため私たちもチームの一員として頑張らせてください。末長くよろしくお願いいたします。

社会福祉法人長野市社会事業協会について

 社会福祉法人長野市社会事業協会は、長野市内に30事業所56事業(設置経営:15事業所28事業、長野市の指定管理施設:15事業所28事業)を展開している法人です。
 保育園や児童養護施設、障害者(児)施設、救護施設、高齢者施設、相談支援と、社会福祉全般をカバーしております。ライフステージ毎に一貫した支援が提供できる体制となっております。
 事業所等の情報については、社会福祉法人長野市社会事業協会のホームページをご覧ください。

Copyright© 2013-2018 にじいろキッズらいふ All Rights Reserved.